自分のトリセツを作る
プログラムを受講した利用者の声

調子の良い時の自分ってどんな人?

調子を崩すきっかけは?

その対処法ってどんなのがある?

自分自身で、自分にとって最善の行動がとれなくなったとき、その判断は誰に委る?

自分が元気で過ごすための工夫を考え、
あらかじめリストにして、
まとめておくことによって、
あなたが人生をより豊かに生きる、
手助けになるかもしれません。

自分が元気で過ごすための工夫を考え、
あらかじめリストにして、まとめておくことによって、
あなたが人生をより豊かに生きる、手助けになるかもしれません。

第5クール

年齢:40代
性別:男性

私はこれまで、病気に対して、何も治そうとする努力が足りませんでした。

何も向き合えないまま、どうしていいかわからず、5年という月日が流れていきました。

つづきを読む

年齢:20代
性別:女性

自分の希望や責任、権利などを書き出してみて、より自分の事が分かった気がしました。

権利や責任の部分を見ると落ち着けるので、たまに眺めています。

つづきを読む

年齢:20代
性別:男性

「学び」「権利」を初めて書き出したとき、本当に自分はどうありたいのかが洗いだされてきました。

希望を書き出していくと、自分がやりたいことがみえてきました。

つづきを読む

年齢:30代
性別:女性

参加してみて、まず驚いたところは私にはこんなに「希望」や「学びたい事」、「権利」があるんだなということでした。日頃なんとなく、目的もなく、ただ早く社会復帰しなければ・・

つづきを読む

年齢:30代
性別:男性

自分が楽しいイメージを貼ったりすることで自分を見直すことができた。

気分が落ちた時に見返して元気になるきっかけになると思う。

つづきを読む

年齢:50代
性別:女性

自分のことを行動範囲や視野が狭い人間だと思っていたが、ノートを作成していくうちにつれて、意外といろいろなことに興味を持ったり、行動している自分に気付き、少し誇らしい気分になりました。

つづきを読む

年齢:20代
性別:男性

学び、希望、権利、責任、を考えたのは楽しかったです。時間がたりなかったので、もう少し時間が欲しいと思いました。

自分のトリセツノートつくりは自由度が高いのが魅力的で
つづきを読む

年齢:20代
性別:女性

自分の中の「~したい」「~行ってみたい」「食べてみたい」を知ることができ、希望が湧いてきました。そして自分の事についてここまで掘り下げて考えたことがなかったので、初めての経験でした。

つづきを読む

第3クール

WRAP Name
すうちゃんさん

WRAPに初めて参加して、自分の内面で普段考えきれていない所までまとめる作業ができて、自分自身のことが前より少しわかった気がします。
難しかったのは「私は誰のサポーター?」を考える時です。
つづきを読む

WRAP Name
けんさん

希望、責任、学び、権利、サポートなどの回復の為に大切なキーコンセプトは、普段思い浮かんでもすぐに忘れてしまうので、改めて書き出してみることで自分が考えていることをよく理解できました。

つづきを読む

WRAP Name
たるちさん

全体的に楽しかった。

Action(アクション)の元気に役立つ道具箱では、とにかく夢中で思い入れのあるものや、気になるものを見つけられました。

つづきを読む

WRAP Name
ふとぴーさん

自分が元気になるためのツールとして活用することが大目的だと思っていたが、元気に役立つ、楽しいことをなかなか挙げられなかった点が難しかった。
今後の活動や空き時間を使用して、内容の拡充を図りたいと思う。
つづきを読む

WRAP Name
あいあいさん

今回、初めてWRAPに参加しました。
まずはWRAPネームを決めるところから始まって、みんなで希望や権利、責任などの意見を出していくところで最初は少し難しくてなかなか意見を出せませんでした。

つづきを読む

WRAP Name
とっしーさん

1回目のWRAPを受講したのが、もう半年以上前になっていました。

その半年間で好きなことが増えていて、そのことを今回のWRAPノートに書き込むことができました。
つづきを読む

WRAP Name
ブルースカイさん

今回、3回目の受講でした。
1回目、2回目に書いた希望やサポーターとの関係性が変わっていることに気づきました。
責任や学びなどは、考えさせられることも多かったです。
つづきを読む

WRAP Name
やこさん

最初は、「元気回復行動プラン」というのは、何か行動をしていくことを考えるのかと思っていましたが、自分の内面に焦点をあて、あくまで自分が元気になっていくための行動を考えるという学びで、自分にとってもとても大切な学びだと思います。
つづきを読む

WRAP Name
ほたるさん

普段なんとなく生きている中でも、自分はこれだけ希望=やりたいこと、学びたいことがあるんだと、改めて自分を見つめなおし、明文化できるとても良い機会になった。それだけでなく、生きていくうえで自分が負うべき責任が確かに存在すること、
つづきを読む

第2クール

30代
女性

自分の思いを詳しく書くことがあまり無かったので、新鮮でした。

私は文字よりも絵や写真を見た方が具体的なイメージになりやすいので、実際に自分で選んでノートに貼り付ける作業が楽しかったです。
つづきを読む

30代
女性

WRAPの参加は2回目、ということで余裕がありました。

元気を作る道具箱は楽しく、新たな楽しみを探すのが面白かったです。
サポーターは多少変わった気がします。

つづきを読む

40代
男性

自分の好きなことや元気に役立つ道具箱を、文字にしたり写真を貼り付けたりすることで、ぼんやりと思う事がハッキリとし、具体的になったなと思いました。

人間は外から力をもらっているんだなと思います。
つづきを読む

40代
男性

「これがあると元気が出る」のところで、猫の写真や今まで撮った海や風景の写真を選んで貼っていくのが楽しかったです。
写真を貼っていくうちに「あ~たしか以前こんな所に行ったんだなぁ~、また行きたいな」
つづきを読む

20代
女性

自分専用で自分が元気になれるためのノートは、この先、役に立つと思い相棒のように思えました。
「元気に役立つ道具箱」を作っているとき、みんな真剣なんだけど楽しんでいる、というのが
つづきを読む

40代
女性

WRAP2回目参加させて頂きました。前回よりも変わった点、割り切った点もありました。
好きなことは増えていました。
自分が日々の忙しさにかまけて忘れていることも、
つづきを読む

50代
女性

自己分析をこのようなWRAPノートを作っていくことに新鮮な驚きがありました。
WRAPノートの内容が増え成長していくと共に、自分もさまざまなことに気づき、考え、行動し、成長していけるように思います。
つづきを読む

20代
女性

楽しかった事は、ノート作りです。工作が好きだから切り貼りして自分の好きなようにノートを作れてよかったです。

ノートを作ってみて、自分が気になっている興味があるものを改めて確認できたし、
つづきを読む

40代
女性

2回目のWRAPでした。前回ノートを作りましたが、今回文章や写真をつけ足したりして、より良いノートになったと思います。

1冊ほぼ丸々使い切りました。
つづきを読む

第1クール

20代
女性

みんな(本当にいろんな人)に支えられての私だなと改めて思えました。また、それだけ支えてくれている人たちに「ありがとう」を返していきたいと思います。WRAPのプログラムをして一番感じたことは「自分のことをちゃんと大事にしよう」です。
つづきを読む

40代
女性

WRAP(ラップ)、聞きなれない言葉にどんなことをするんだろうと思っていました。最初に自分の好きなこと、ビリーブに来る前の自分がどんなことが好きだったか思い出しました。全部がまだ出来ないけど一つ一つ大切に実行していきたいです。
つづきを読む

30代
女性

「注意サイン」が分かれば少しは自分で気を付けられ、準備ができ不調に備えられるかもしれないと思った。また、実際に「調子が悪くなった時」や「回復させるためのプラン」は役に立つような気がする。私にとっての大切なお守りになりそう。
つづきを読む

40代
女性

日頃なんとなく感じているもやもやした事柄をのノートに書き出すことで、自分の願望etc.がはっきりして、これからどう生きるべきか何を今すべきかが、わかりやすくなり、すごく良い自己分析のチャンスになりました。
つづきを読む

20代
女性

今までこうしてじっくり自分がどうしたいのか、自分は何がしたいのかをじっくり考える時間が無かったので、とても有意義な時間となりました。自分が好きなもの、自分の希望、自分の学びたいこと、自分を守ってくれる権利、
つづきを読む

30代
男性

WRAPに参加して自分を見つめ直すことができてとても良かったです。

これからは希望に向かって自分のやりたいことを精一杯頑張りたいと思います。それまでに落ち込んだ時には
つづきを読む

40代
女性

以前は自分の状態が悪くなった時に、何が好きだったか何も浮かばなくなっていました。「注意サイン」が出てきた段階でノートを見返し、それ以上状態が悪くならないように活用していきたいと思います。 

つづきを読む

20代
女性

楽しかった所は元気に役立つ道具箱です。難しかった所は引き金のプランです。どうしようもない現実があるものだと思いました。このノートは自分が元気のない時に見たり、何をすべきかわからないときに見ようと思いました。

30代
女性

WRAPノートに書いた事を参考にある時行動して「それでいいんだよ。そんな風に対策を見つけていくんだよ」と支援員さんに言われ、自分の事を理解するのは怖かったけれど今とても役立っています。

つづきを読む

40代
女性

「日常生活管理プラン」は普段は自分の症状を漠然に考えているので、書き上げる事で自分もだが、他の人にも分かってもらえるので役に立つと思う。

「元気に役立つ道具箱」では、私はネガティブ思考で落ち込みやすいので、
つづきを読む

上部へスクロール