Q&A よくあるご質問

Q1)  どうしたら利用できますか?
  A1)<申し込み方法と利用までの流れ>をご覧ください。
Q2)  ビリーブを利用できる対象者はどんな人ですか?
 

A2)・学校を卒業した社会人(おおむね18歳以上の方)

・休職中、離職中の方(公務員を含む)

・メンタルによる各疾患で通院治療中の方

Q3)  参加の条件を知りたいのですが
  A3)精神的な症状が落ち着いてきて回復期にある方で、「働きたい」という意思があり、集団生活になじめる方であれば参加できます。
Q4)  主にどのようなことをするのですか?
  A4)・個人プログラム(自習、課題、オフィスワーク,など)
・集団プログラム(グループミーティング、グループワーク,運動など)
・心理プログラム(認知行動療法、アサーショントレーニング、WRAP、SSTなど)
・コンサルテーション(日常的に不安なことについての個別のご相談)
などを実施致します。
Q5)  1日の訓練時間はどのくらいですか?
  A5)1日の活動時間は、10:00~15:30です。プログラム終了後も、17:00までは自習や意見交換、相談などで利用することが可能です。
Q6)  通い慣れたクリニックがあるのですが、病院を変更する必要はありますか?
  A6) ありません。どこの医療機関を利用されていても、大丈夫です。
Q7)  人見知りがあり、他の参加者のことが気になるのですが
  A7)参加前に、十分に面談を行って、気になる点については配慮できるように工夫させていただきます。急に無理をせずに、徐々に集団生活に慣らしていきましょう。
Q8)  どのような方が参加していますか?
  A8)10代後半~50代までの幅広い年齢の男女が参加されます。「働くこと」を目的とした、いわゆる抑うつ状態の方で、うつ病や双極性障害、適応障害などの気分障害圏の方などです。しっかりと休養がとれて体調が安定してきた状態で参加されることをおすすめします。
Q9)  障害者手帳がなくても利用することができますか?
  A9)利用できます。但し、障害福祉サービスの利用になりますので、「サービス受給者証」をとる手続きが
必要になります。<申し込みと利用の流れ>をご覧ください。
Q10)  職場との連携や連絡はしてもらえますか?
  A10)もちろん可能です。ビリーブでは、職場や主治医との連携を取りながら、復職までの支援を行って参ります。
Q11)  見学や体験はできますか?
  A11)随時見学を行っています。体験は、興味のあるプログラムなどを選んで体験することができます。
Q12)  スーツで来なければいけませんか?
  A12)普段着で、リラックスできる恰好でお越し下さい。プログラムの内容によっては、スーツで来ていただくこともあります。
Q13)  リワークが終了し、復職してからが心配です。
  A13)卒業後おおむね6か月間は、アフターリワークというものがありますのでご安心下さい。