いつかきっと笑える日が来る!

 

 

 

 

おかげさまで、ビリーブは開設1周年を迎え、21日㈯に、記念講演会を開催いたしました。

 

 

 

うつ病からの社会復帰

 ~ひとりでは乗り越えられない壁がある~

 

講師は、ビリーブの卒業生。うつ病を発症して8年。復職して2年。再発も経験され、現在は、休職・退職はせずに仕事を続けられています。

 

最悪期には、眠れない苦しさ。

大量の寝汗。たった2日間で布団がビショビショ。

何も食べられないのに常に吐き気。人と話ができない。呂律が回らない。

胸の中に大量の鉛の塊が入っている。息苦しい・・・・地獄の日々。

 

 

 

 最悪期から回復してきても、まだとても働ける状態ではないと感じていた。

なかなか回復していかない焦りと将来への不安を感じる日々・・・手詰まりの状態。

  

そんな中、ネットでうつ病治療について調べていて「リワーク」を見つけ通うことになる。

  

 ~もう ひとりで悩まないで~

  

 

その先輩は優しくそして熱く、一人一人に、語り掛けるように話してくれます。                           

 

 

回復期に至るまで、自身を車に例えると、

①    認知・思考  

② 行動

③ 気分・感情 

④ 身体反応       

 

以上が4つのタイヤになる。1つでも動かないと車はうまく進まない。 

リワークと病院は車の両輪で、その車のドライバーは誰か・・・

 

自分自身だ!!

 

自分を変えるのは、自分しかいない!

自分を救えるのは、自分しかいない!

自分の人生をコントロールしていくのは、自分しかいない・・・

 

 

 

 

うつには、正解も魔法の薬もない。

 

生い立ち・環境・学歴等、みんな異なるから全く対処法が変わってくる。

 

何が正しいかなんてない。

自分に合った方法を探すだけ。

 

 

 

社会復帰に向けて訓練するのが、リワーク。

 

でも、けっして焦らないで。

 

日記療法。

部屋のお掃除。

「部屋の乱れは、心の乱れ」

生活リズムを整えよう!

ダイエットしよう!・・・などなど。

 

 

 

あっという間の1時間。多くの事を学ばせていただきました。

 

 

以下は、参加者の簡単な感想です。

 

 

 

・話を聞いていて自分にも思い当たるところが、沢山あった。

 

・自分で選んで、休職やリワークやランニングなどをしていることに、自信を持とうと思った。

 

・今を大切に生きて、その時その時前を向いて行こうという勇気が持てた。

 

・講演を聞いて勇気をもらった。日々、自分ができることを自分らしく行動していこう。

  

・うつをのりこえるために、仲間の存在が大きいと、改めて実感した。

  

等々、多くの感想が寄せられました。

 

 

 

わずか1時間の講演でしたが、ご自身の体験を交えて、わかりやすく丁寧に話してくださいました。

 

クライシスから回復できて復職したのに、また再発して、・・・

 

教科書にはない「現実」がそこにありました。

 

参加者一同は引き込まれるように聴講し、積極的に質問などをすることが出来ました。

 

 

 

 

悩んで、回復して、社会復帰して・・・そしてまた悩める仲間たちに自分の経験を話してくれて、「今、悩んでいる人たちの目標となる」・・。

 

これがビリーブの好循環です。

 

 

 

 

ビリーブでは見学や体験を随時受け付けています。

 

ビリーブ一同、心よりお待ちしております。

よかったら、ポチッと押してくれると嬉しいです♪