うつ病でも散歩しよう

こんにちは。わたくしビリーブ研修生のTOMです。

 

うつ病になると動けなくなりますよね。

歩きたくても歩けなくなります。つらい、しんどい、横になりたい、とすぐ考えてしまい、外にでるなんてとんでもない!と考えてしまいがちです。

 

そこでビリーブでは体力回復のための散歩の時間があります。

うつ病で出不精・運動不足に陥っている状態を改善します。

今回はスタッフさん達と岡山城方面へ約一時間ほど散策してまいりました。

みんなで話をしながら行くと、不思議に外に出かけるのが苦にならなくなります。

天気も快晴、歩くとともにうつ気分が和らいでいくのを体感できました。

運動はうつに効くとよく言われますが、そのとおりですね。

 

途中、自家製手作りの特製ジンジャーエールを出すお店などもあり(とっても美味しかったです)、楽しみながら歩いていきました。

わいわいと話をしながら進んでいくと、そのうち今回の目的地「岡山神社」が見えてまいりました。

 

実はわたくしTOMはこの「岡山神社」の存在を知らなかったのです。

みんなから「岡山に何年も住んどって、岡山神社を知らんの?」ってかなりバカにされました。知らなかったものは知らなかったのです、すみません・・・。岡山神社の神様にもすみません・・・。本当にすみません。

「今まで岡山に住みながら一度も参ったことが無くて申し訳ありませんでした」と謝りながら参拝しました。

 

バチが当たるかも・・・とドキドキしながら引いたおみくじがこちら。「吉」でした。

 

願事・・・心長くして騒がねば時いたりて叶う

病気・・・心長く保養せよ

と、「気長にながーく病気と付き合っていきなさい」とのご託宣。

はい、うつ病ですから、気長に回復していくようにします・・・。

そして思わず笑ってしまったのが(笑ってはいけませんが)裏面の「神の教え」。こんなことが書いてありました。

 

なやむ思いを祈りにかえて、すがれひとすじ神様に、

病にかかっって病を苦にすれば、病はますます悪くなる。医療を施した上は、その平癒を神様にお願いするがよい。

 

まさに今のわたくしのためにあるようなお告げでした。うつ病からの回復を目指している時にピッタリのお告げを頂きました。

こうして、神様にもアドバイスいただきながら、日々ビリーブでうつ病からの回復を図っているわたくしTOMでした。

 

皆さんも散歩してみませんか?