こんにちは、ビリーブメンバーのふとピーです。

蝉が鳴き、暑い日が続いておりますが、しばしお付き合いください。

まず、私がビリーブにお世話になることになった経緯をお話しさせていただきます。

約1年前の会社の人事異動がストレスとなり、1ヶ月休職後、別の部署へ異動となりました。

その部署でも仕事を思うように進められず、うつ状態が悪化していました。

 

その時たまたまイベント情報サイトで、ビリーブの講演会があるのを見つけました。

 発表を聞いて、リワークとはどういう活動をするのか、又岡山にリワークの施設がアルノを初めて知りました。

 

その後、だましだまし仕事に行っていたのですが、GW中に更にうつ状態が悪化して、又休職してしまうことになってしまいました。

 

県外出身の私には会社以外に近くに友人が居らず、このままでは家で引きこもりになってしまうと考えていた時にビリーブの事を思い出しました。

それから面談、体験をさせていただき、5月中旬から平日毎日通っている状況です。

 

実は私は50歳を超えており、ビリーブの他のメンバーは若い人が多くて、うまく馴染めるかどうかを心配していました。

しかし、皆気さくで優しい人たちばかりで心配は杞憂に終わっています。

ビリーブではさまざまなプログラムを体験・勉強しています。

自分の性格上、内にいろいろ溜め込んでしまい症状が悪化することが多いと考えています。

その為、特にCBT(認知行動療法)、アンガーマネジメント、WRAP(元気回復プラン)等、自分の内面を見直すプログラムを中心に理解を深めていきたいと思っています。

 

現在はCBTを活用し、復職に向けての問題解決と目標達成のアクションプランを策定中です。

まだ、どうしたら、どういう状態になったら復職できるのかを模索中な毎日が続いておりますが、一緒に通う仲間とスタッフで前に進めていきたいと思っています。